ガムピーリングとは?


ガムピーリング という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ガムピーリング とは、黒ずんだ歯茎を元の血色のいいピンク色に戻す治療法です。



歯茎は、紫外線やタバコなどで黒ずんでしまいます。

一度黒くなった歯茎は、元に戻ることはありません。

そこで、ガムピーリングの出番です。



ガムピーリングには、2種類あります。

 ・レーザー治療法のレーザーガムピーリング
 ・薬剤ピーリング法のガムピーリング



レーザーガムピーリングは、歯茎の黒ずみを、安全かつ確実に取り除きます。

綺麗な血色のいいピンク色の歯茎に戻してくれます。

個人差はありますが、1〜2回の施術で効果を期待できます。

照射後は、多少のチクチク感があります。

でも、大丈夫です。

すぐに回復します。



薬剤ピーリング法のガムピーリングは、歯茎に薬剤を塗って歯茎の表面をピーリングします。

痛みは、多少ヒリヒリする程度です。

治療直後は、薬で歯茎が白くなります。

しかし、2〜3日後に膜がはがれて、1〜2週間ほどで生まれたてのようなピンク色の歯茎に変わります。

人にもよりますが、数回の施術が必要です。



最近は、女性のタバコを吸う率が高くなっていますね。

笑ったときに歯茎が黒いと、どんなに綺麗な女性であっても引いてしまいますよ。



毎日鏡を見ていても、歯茎には目がいかないものです。

しかし、たまには口の中にも気を使ってあげましょう。

歯をきれいにじょうぶに保つには、まずは根っこの歯茎が大切ですからね。



ガムピーリングは、試す価値ありの治療法です。

もっと情報を→スキンケアブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。