ニキビの原因と対策


ニキビはなぜできるのでしょうか?

ニキビができる原因は、たくさんあります。

その中でも、「毎日の食生活」と「ストレス」がニキビの大きな原因です。



ストレスは、皮脂の過剰分泌と大きな関係があります。

身体がストレスにさらされると、体内でストレスホルモンというホルモンの一種が分泌されます。

そして、ビタミンB2の働きを抑えてしまいます。

ビタミンB2抑えるストレスは、百害あって一利なしです。

 ・ニキビができやすい
 ・血行が悪くなる
 ・肌の免疫力が低下する

なるべくならストレスをためないようにしたいものです。

とは言っても、このストレス社会でどうしたらストレスをためずに働けるのでしょうか…。



次に大切なのは、食事です。

1日3回の食事は、わたしたちの体にとって、とても重要な役割を果たします。

まず、『暴飲暴食』は絶対にしてはいけません。

特にお酒を飲んだときには、胃がおかしくなって、つい食べてしまうこともあるものです。

しかし、食べ過ぎは胃腸の働きを低下させます。

胃の働きが低下すると、ビタミンやミネラルを吸収しにくくなり、にきびの原因を作ってしまいます。

腹八分目で、栄養のある野菜や魚を中心とした食事を心がけましょう。



そして、睡眠をよくとり、規則正しい生活を送ることも効果的です。

自然とニキビもできなくなるでしょう。



ニキビは、遺伝も多少なりともあります。

しかし、毎日の生活が大きな影響を及ぼしているのです。

無理はせず、ストレスをためず、栄養のある食事を心がけましょう。

もっと情報を→スキンケアブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。